TETRA'S MATH

数学と数学教育
<< カタラン数の母関数と一般項 | main | 『数学ガール』言及リンク集のこと >>

結城浩『数学ガール/フェルマーの最終定理』

 結城浩『数学ガール/フェルマーの最終定理』を読みました。より正確に言うと、「実際に出版された『数学ガール/フェルマーの最終定理』をひととおり読みました」となります。

 実は、この本に関してはレビューアをさせていただいたので、出版前に原稿(の原形)を読んでいました。当初の予定ではレビューアをしていたことは伏せておいて、いつものように普通に感想を書く予定だったのですが、それはできないと読んでみて感じました。なお、書籍執筆のためのレビューというものがどういうものかについては、結城浩さんのサイトの「書籍執筆とオンラインレビュー」に書かれてあります(古いバージョンだそうです)。

 感想はいろいろあるのですが、もう少し時間がたってから書きたい気持ちです。いまはとにかく読んでみてください、と言うのが精一杯。

 Amazonでのレビューにもありますが、結城浩さんの文章には品があります。それがとにかく気持ちいい。でも、品があることはレビューをする前から知っていたのです。最近感じるのは、「思い入れ」の強さ。結城さんの場合は「想い」のほうが似合うかな。自分の著書に対する「想い」、数学を学ぶ面白さに対する「想い」、読者に対する「想い」。品のある人が想いを形にしたときの静かな迫力に圧倒されているこの夏です。

『数学ガール』 | permalink
  

サイト内検索