TETRA'S MATH

数学と数学教育
<< 不変で自在な「8」 | main | 五芒星の練習 >>

くふうって・・・

きょうは算数ではなく、国語のお話です。

音読が始まったらしく、
「おんどくカード」なるものを持って帰ってきました。

読んだ回数や保護者、先生のサインの欄のほかに、
正しく読めたか、大きく口を開けて読めたか・・・
などの項目に☆や○などの印をつけるようになっています。

で、まずは1回読んでみました。

次に、正しく読めているかどうか、もう1回読んでみました。

そして、大きく口を開けて読んでみました。

その次は・・・と思ってカードを見ると、
「くふうして」と書いてあります。

・・・くふう?・・・

登場人物によって声色を変えるとか、そういうことかしらん?

「ねえ、○○ちゃん、次はくふうをして読むらしいよ」
と私がいうと、

少し考えて娘いわく、

「じゃあ、反対から読んでみようか」

そりゃすごい“くふう”だねぇ。
子どもの観察 | permalink
  

サイト内検索