TETRA’s MATH

<< 『〈現実〉とは何か』(西郷甲矢人・田口茂)4/5 ―― 第三章と第一章はどうか | main | 圏論「自然変換」のひとつの経験としての量の理論 >>

『〈現実〉とは何か』(西郷甲矢人・田口茂)5/5 ―― 読み終わりの羨望と希望

 あとがきの結びのところで、京都と札幌が「=」でつながれていることに気づいた。成就した遠距離恋愛ドラマのエンディングを見ているようだというのは大げさだとしても、「くそぅ、こやつら(羨)」という感覚は生じた。実際、読み始めたばかりのころからうらやましかった。

 と同時に、こういうことが起こり得るんだとあらためて心にしみた。そういうことが起こり得ること自体が、まわりまわって私自身の希望にもつながる感覚があった。

 西郷さんと田口さんをつなげたのは、ピート・ハットさんという方なのだそう……と書いてだいぶたってから気がついたのだが、これは『圏論の歩き方』に出てくるPietさんではないか!

 気がつくのに時間がかかったのも無理はないと自分で思う。なぜなら、ハットさんが田口さんに会いに来るところから話が始まるから。

 しかし確かにその時点でハットさんは西郷さんのことを知っている。だからこそ田口さんと西郷さんをつなげられたわけであり。

 カフェで学生を「圏論ナンパ」して『圏論の歩き方』のきっかけをつくったり、西郷さんを海外の極左圏論主義者の「同志」たちとつなげたりしている天体物理学者 Piet Hut 氏(『圏論の道案内』より)。この方きっとすごいハブなんだ。なお、異分野協働のプロであるらしい。

 そのハットさんと田口さんをつなげたのがダン・ザハヴィさんという現象学者だという。ハブにはハブがいる。

 そのようないろいろな出会いと人の行動がこの本を現しめ、それに私も出会うことができた。9年という長い年月をかけて。

 この本に出会った私は、仏教の縁起について書いたときとは違う心持ちでブログの記事に取り組んでいた。その途中で、注文していた『現代思想』2020年7月号「特集:圏論の世界」が届いた。オープニングの加藤文元さんと西郷甲矢人さんの対談にざっと目を通したとき、「悪目立ち」という言葉が少し切なかった。「くすっ」と笑えばいいところなのかもしれないが。

 どの口がそれを言う、とも思う。『〈現実〉とは何か』をなかなか読まなかったのは、「様子見」だったからだ。自分が何かそこからもらえるのかどうかということ以上に、何か構えていた。当時はそういう意識はなかったけれど、結局、自分の興味に近そうであるからこそ飛びつかないようにしていたのかもしれない。

 今回のブログの記事を投稿することについても、最初は余計な懸念があった。それが払拭できたのは、私がこの書から間接的に得たいちばん大きなことは、「自分の問いを立てられるのなら、それでだいじょうぶ」ということだったから。もっといえば、「立てたい問いがあるのなら、立てていいのだ」ということも。それは、私がこの本に問うて得たひとつの答えだ。

 そしてそれを手放さなくてはいけない。というよりも手放したい。普遍性に参入するには問いが貧弱すぎて、すなわち答えが貧弱すぎて私は消えることすらできないが、手放すという自由の実践はできる。

         *     *     *

 「読み終わり」とタイトルに書いたが、この本はまだ読み始めたばかり。これからわかることもたくさんあるだろう。ひとまず初対面の感想を5記事ほど書いてみたが、この本の魅力をまったく伝えられていないことに落ち込んでいる。この際、本のあちこちにある標語的、魅惑的なフレーズをピックアップしてみようかとも思ったが、たぶん、それでも伝わらない。というか、いまの私には伝えられない。

 せめて最後に、「序」と「あとがき」から以下の部分を引用して、ひとくぎりにしたいと思う。


(「序」より)
すなわち、たとえどれほど「数学から遠い」と思われる分野であっても、また自身が数学に対して苦手意識をもっている研究者であってさえも、現実に真正面から取り組もうとすれば、それは結果として「数学になってしまう」のではないか、という実感である。


(「あとがき」より)
このような「現実論」においては、いわゆる哲学の専門家ではない人々との協同が必要となるだろう。しかしそれは、哲学を薄めてわかりやすくしたり、哲学を科学に「適合」させたりするような営みではなく、むしろその対話によって「共に哲学する」ことでなければならない。


 く、くそう、こやつら……!!(多大なる感謝を込めて)
読書記録『〈現実〉とは何か』 | permalink
  
  

サイト内検索