TETRA’s MATH

<< ブログの記事を整理しながら思うこと | main | 放置していた縁起の宿題に再び取り組むことになった経緯 >>

ブログの整理がほぼ終わりました

 ときどき思い出したように手をつけていたこのブログの整理がほぼ終わりました。大胆に記事を減らし、現在公開しているものはこれをのぞいて283記事です。

 ひとつ前の記事で書いたように、自分はつながるものとしてブログの記事を書き続けてきたことを感じつつ作業をしていました。そのつながりには大きく3つの形態がありました。連続した記事のつながり、自分のサイト内のリンク、外部とのリンク。

 このうち自分のサイト内のリンクはいいとしても、連続した記事のつながりはちょっと考えものだったかもなぁとふりかえっています。自分のなかでは連続ものだとしても、「(つづく)」でつなけずに、1つ1つにもう少し独立性を持たせればよかったな、と。

 もっとも、思考のプロセスをつづるのがブログのメインの目的だったので、それでよかったんだよね、とも思います。

 気持ち的にいちばん苦労したのは外部とのリンクです。といってもリンク切れのことではなく。実は、リンクした場合の連絡を求めるサイトが意外にあることに気づいて一時あせりました。このブログのみならず、生活ブログやnoteなどのリンクを含めて。

 最初は、いまさらとは思いつつもリンクしていいかどうかの連絡をしたり、お詫びの連絡だけして削除したりしていました。しかしそのうちもう疲れてしまって連絡もせずに削除するようになりました。

 個人のサイトというより、会社や組織のサイトに多い印象がありました。

 「リンクに許可がいるのかどうか問題」はずいぶん昔の話だと思っていたのですが、連綿と続いていたのか、一周まわって現在の問題になったのかはよくわかりません。

 もう少し元気と好奇心がある頃なら、リンクについて条件を出しているサイト各所にリンクに関するアンケートをとりたい気分でした。「なぜリンクを管理したいのか」「実際にリンクで困ったことがあるのか」「リンクというのは“おすすめリンク集”のような恒常的なものを指しているのか、文中のリンクも含めるのか」等。

 また、「リンクせずにURLを示すだけならどうなのか」「名前を示すだけならどうなのか」「話題に出すだけならどうなのか」といったようなことへの好奇心も途中でうっすら芽生えましたが、それらを突っ込む気力も好奇心ももはやなく。

 ネット利用やサイト開設があたりまえの世の中となっては、むしろリンクを管理したいという気持ちが強まるのも無理はないでしょうか。完全に管理するのは不可能だとしても、ひとこと書いておくことには意味があるでしょうから。

 いずれにせよ、一度こういう思いをすると、もうできるだけ外部リンクしたくないと思うようになってしまうのでした。リンクは読み手にとって親切であることだけではなく、参照元を示すという義務だとも思っていたのですが。

 なお、大昔に作ったサイトTetra’sと親子ブログは削除し、生活ブログは「すっきりさせたい」ことをテーマに断続的に更新しています。

 Twitterのツイートも地道に消して、いまは読み込めないもの(たぶん、リツイートしたあと鍵がかけられたもの)が44ほど残っている状態です。アカウント自体はDMなどの連絡用として残しております。noteは検討中です。

 というわけでここ数年、ネット整理にいそしんでおります。

 が、ときどき書きたいことは出てくるので、書きたくなったら更新していきたいと思っています。さっそくあしたから10記事更新予定。テーマは仏教。しばらく数学、数学教育からはなれます。
その他 | permalink
  

この記事に対するコメント

コメントする









  

サイト内検索