TETRA'S MATH

数学と数学教育
<< 運動や生活活動の強度の単位「METs(メッツ)」とはなんなのか | main | ブログの記事を整理しながら思うこと >>

複比例、電気料金の仕組み、電場の強さの単位、電流についての補足

 過去に書いたいくつかのエントリについての補足です。

 まず、かけ算で新しい量をつくる/テンソル積の手前にある複比例についてですが、参照した銀林先生の本『量の世界・構造主義的分析』に、複比例関数の例として人件費の話も出てきていることにあとで気づきました。(p.191〜192)

 労働がすべて等質であるとすると、人件費z円は、労働者の人数、つまり労働力x人と労働時間y時に複比例するという話です。そのなかで人時(man-hour)という単位も出てきていました。私が例に出したお米の話とは違いますが、人泊に近かったこともあり、触れておきたかったので追記します。

 次に、W(ワット)という単位がつく量はどのような量なのか について。このエントリのなかで、
 とにもかくにも、1200Wのドライヤーを月に2時間半使おうが、600Wの電子レンジを月に5時間使おうが、3kWhの電気量を使用したことにかわりはなく、その中身を区別することなく電気料金が請求されます。もっともここに、kWh→円というもうひとつの変換が加わるわけですが。
と書きましたが、これは、電気料金が電力と使用時間に複比例するといいたくて書いたものではないですし、実際に複比例はしておりません。

 電気料金には契約プランやアンペアがあり、基本料金もあり、使用量に応じた料金体系も段階的になっており、さらに燃料費調整額や再エネ発電賦課金があったり口座振替割引があったりといろいろ複雑で、単純に比例関係では考えられません。もっとも、より多くの電力を使えばそれに応じて電気料金は高くなるということは言えるかと思います。いずれにせよここで言いたかったのは、料金は電気使用量に応じて請求されるものであり、何をどのくらい使ったのか、その中身は問われない(と私は認識している)ということです。

 最後の1行「もっともここに、kWh→円というもうひとつの変換が加わるわけですが」というのが、逆に雑な書き方だったようです。失礼いたしました。

 それから、A(アンペア)が先かC(クーロン)が先かについての補足が2点あります。このなかの
電流というのはいかにも外延量的で、だからこそブレーカーが落ちると思うのですが、A=C/sと書くと、まるでAが内包量のように見えてきます。
という記述は、とても違和感を感じさせるものであるらしいということが投稿後にわかりました。それで、以下のように書き方を変えました。
 消費電力が高い電化製品を同時に使うとブレーカーが落ちる“Aという単位がつく量”は、私にとってはいかにも外延量的なのですが、A=C/sという式は、普通に考えれば内包量を表す式ということになるのでしょう。
 わり算というだけでは内包量創出といえないことをそのひとつ前のエントリでも書いていますが、とにもかくにもここまで話がくると、外延量・内包量の区別があまり意味をなさない、少なくとも私の理解の助けにはならない、というのがここでの主旨です。

 遠山啓も、これらの区別をきっちりつけさせることを目的としていたのではないと私は考えます。なので、遠山啓らの目的は目的として、それとは別の意味で、そろそろ私にとっては量の区別が意味をなさなくなってきた、それよりも量どうしの関係や、量が段階的に組みあがっていることに興味が向かっている、ということを書きたかったのでした。

 それから、図のなかの「E」についてですが、よくよく本文を読んでみれば、「電流の単位A(アンペア)」「電気量の単位C(クーロン)」「電場Eの単位」「電圧の単位V(ボルト)」「電気抵抗の単位Ω(オーム)」という書き方がしてあるので、電場Eの単位そのものの意味として便宜的に「E」という表記が使われているのではないかという理解にいたりました。なお、このEも図の中のEもイタリック体ではないです。それより前のEはイタリック体になっているので、こちらは量記号を表しているものと思われます。(いずれもp.191)

 最後に、cal(カロリー)とはどのような単位なのか運動や生活活動の強度の単位「METs(メッツ)」とはなんなのか についての小さな訂正です。前者で、
 で、calの何が難しいかというと、たとえば、14.4℃から15.5℃までという温度指定が出てきたりするのです。
と書きましたが、これは「14.5℃から15.5℃まで」の間違いでした。また、後者では「軽いジョギング」を5メッツとしていましたが、6メッツの間違いでした。どちらも訂正済みです。失礼いたしました。

 なお、今回はいろいろあったのでまとめて補足・訂正させていただきましたが、今後は、大きなことでなければ、そのつど、もとのエントリを修正あるいは補筆させていただきたいと思います。

 以上、補足でした。
量の単位 | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









  

サイト内検索