TETRA'S MATH

数学と数学教育
<< takehikomさんのブログの記事のご紹介・3 | main | わかるということ/岡潔『春宵十話』ふたたび >>

2011年4月に書いた、量子力学のエントリについて

 2011年4月に、量子力学に関するエントリをいくつか書きました。そのなかのひとつ、量子力学/ボーアの原子モデル(1)に対して、2014年9月に以下のようなご指摘を Twitter でいただいておりました。↓
https://twitter.com/sunchanuiguru/status/512979129499525120

 9月の段階では、何度か Twitter でやりとりをさせていただいたのち、該当エントリにコメントをつけて一区切りとしたのですが、どういうわけだか12月下旬から急に気になりだしたので、追加エントリで補足させていただくことにします。

 まずお伝えしたいのは、『なるほど量子力学機戞並湿絏躾傭/海鳴社/2006年)において、Enにマイナスをつけたことに対し、確かに「発想の転換」という言葉はあるものの、“「低い」から「深い」への転換を行ったのだと思います”というのは私の表現であり、海のたとえも私のイメージだということです。

 「行ったのだと思います」ではなく、「私はこのようにイメージして理解した」と書くべきところでした。

 いずれにせよここでいう「発想の転換」は、Twitterでご指摘をいただいたように、特別なことではなく、あたりまえといえばあたりまえのことなのかもしれません。少なくとも、古典力学にはなかった量子力学ならではの「発想の転換」ではないのでしょう。

 実際、本でも、上記の意味での「発想の転換」についてはさらっと書いてあるだけで、ボーアが立てた「大胆な仮説」については、それよりも前の部分に書いてあります。
 ボーア(Bohr)は、ラザフォードの原子モデルと古典論の間にある矛盾を取り除くために、プランクやアインシュタインの量子論を使って説明できないかと思い立った。
 ここで、ボーアは大胆な仮説をたてる。そもそもラザフォードの原子モデルが破綻するのは、荷電粒子である電子が原子核のまわりを等速円運動すると電磁波を放出して、そのエネルギーを失ってしまうことにある。そこで、ボーアは、ある特定の軌道を電子がまわっている時には、円運動を行っても電磁波を放出しないと仮定した。
 そして、電磁波を放出しない軌道のみが安定な軌道としたのである。(後略)
(p.70〜71)

 私自身、先の「発想の転換」を量子力学の核心的なものだとは思っていませんが、あたりまえのことと思うほど馴染みもなかったので、あのようなイメージを用いて理解したそのプロセスを書いたのでした。ちなみにマイナスがつくこと自体に抵抗はありません。

 ところで、実はこの件に関して、村上雅人先生に直接メールで問い合わせさせていただきました。村上先生はとても丁寧な内容のお返事を何度もくださって、わかりやすく説明してくださいました。助手の先生にも大変お世話になりました。

 その内容すべてを理解したとは言えない状態ではありますが、以前よりも「ポテンシャル」という言葉が怖くなくなったのは確かです。そして、怖さが減ったのと同時に、ポテンシャルというのは奥が深く、まだまだ分からないことが多い分野であることを認識するにいたりました。

 このような機会をあたえてくださった鰹節猫吉さん、積分定数さん、そして、村上先生、助手の先生に、この場をかりて深くお礼申し上げます。

 今回は量子力学についてでしたが、その他の本についても、ブログで何か書くときには、引用部分のほかは、著者の言葉を使わせていただきながらも、自分の言葉やイメージを加え、私の表現で私の理解の道筋を書いていますので、本の内容に興味・疑問をもたれた場合は、ぜひ、原典をあたってみていただければと思っております。

 最近、noteにかける時間が増えてブログの更新が減っておりました。また少しずつエントリを書いていきたいと思っていますので、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
量子力学 | permalink
  

サイト内検索