TETRA'S MATH

数学と数学教育
<< リンクしたいページをまちがえていました & パブコメについて | main | takehikomさんのブログの記事のご紹介・1 >>

文部科学省の通常窓口から出した意見はnoteにて

 先日、文部科学大臣から中央教育審議会に以下のような諮問がなされました。(そして翌日、衆議院解散という事態になってしまったわけですが…)


初等中等教育における教育課程の基準等の在り方について(諮問)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/ chukyo/chukyo0/toushin/1353440.htm


 上記の発表を受けて、文部科学省の通常窓口から要望のメールを送信しました。その内容はnoteで有料コンテンツとして公開してあります。


文部科学省に出した、要望メール5通
https://note.mu/tamami_tata/n/neff87c1b5257


 有料化の理由もリンクしてあります。noteのアカウントをとって支払いできる状況にするのがひと手間かもしれませんが、よろしかったらどうぞ。なお、これまでの経過を含めてマガジンごと250円で購入いただくのがおすすめですが、このテキストは単体100円でも意味があると思います。

 今後の関連記事は、この TETRA'S MATH で書いていきます。
「かけ算の順序」論争 | permalink
  

サイト内検索