TETRA'S MATH

数学と数学教育
<< 芦田宏直×本間正人 トークセッション『ソーシャルメディア時代に求められる人材像とは?』の動画を観て(7)/質疑応答(その3) | main | 手島勝朗さん、杉山吉茂さんを手がかりに、「1あたり量」の問題点について再考する。 >>

筑波大附属小算数研究部『かけ算を究める』の第一印象

 先日、 算数授業研究 VOL.80を購入しました。タイトルは『かけ算を究める』。筑波大学附属小学校算数研究部の企画・編集で、2012年3月1日発行です。あれからもう2年半たっているのですね。

 私の求めるものがあるかどうかわからなかったので購入を迷っていたのですが、「買って損はない」という助言をいただけたので、購入しました。結果的に買って大正解。全体的に興味深く読ませていただきました。

 まず驚いたことは、遠山啓および数学教育協議会の「量の理論」の話がけっこう出てくること。まさかこの本で、数教協の方法論がこんなに論じられているとは思ってもいませんでした。ということはやはり、現在の算数教育は1960〜1970年代の数教協抜きでは語れないし、研究されたうえでいまの算数教育がある、ということになるのでしょう。

 それから、ここに文章を寄せられている方々の視点・意識は、私自身が「かけ算の順序問題」について考えるときの視点・意識にけっこう近いということも感じました。ある意味ちょっと安堵しました。

 以前、「ミイラ取りにいきたいわけでもないのにミイラにされてしまいそうなので、かけ算の順序問題のその先にある問題を本気で考えないようにしたい」という内容のことを書いたことがありましたが()、ここでいうミイラとは「系統的学習のしばり」のことです。その後、結局、かけ算の順序問題についてある程度考えることになり、そうなると学習の系統性について考えざるを得ません。具体的には、かけ算の拡張と式の順序はどう関わっていくのかということです。まずは、小数、分数への拡張、そして比例とのつながり。

 で、そのような視点にもとづいた論考も数多く見られ、杉山吉茂さんは比例まで詳しく論じていますし、小数、分数への拡張を中心課題として扱っているものも複数見られます。(なお、杉山さんの“吉”は「土」の下に「口」を書く“つちよし”」ですが、ここでは「吉」と書かせていただきます。)

 全体的に予想していたより共感する部分が多く、問題意識がわりと近いことを感じられたのはいいのですが、一方で、なぜ、あのような検定教科書が生まれ、あのような現場での指導が生じているのか?ということについては疑問がふくらむ一方です。

 ちなみに巷での「かけ算の順序」論争もそれなりに意識されているようで、数箇所でそのことを思わせる言及がありました。提起文の盛山隆雄さんの「裁判にまでなった」という記述にはメタメタさんが突っ込みを入れていますが↓
http://ameblo.jp/metameta7/entry-11180938321.html
編集後記のことも書いておくと、盛山隆雄さんは次のように書いておられます。

かけ算の式の順序は、今最もホットな話題かもしれない。これについては、正木孝昌氏に持論を述べていただいた。

 正木さんの文章のTOPICタイトルは「かけ算の式に順序はあるか」なんですが(本文のタイトルは「かけ算のイメージを育てたい」)、これ、先にお題を与えられてしぶしぶ書いたんでしょうかね? 書きたくて書いた文章には読めないのですが…。もし書かせられたのだとしたら、同情します。

 盛山さんは「現場教師にとって大いに参考になる考え方だと思う」とありますが、参考のしかたにいもいろいろあろうかと思いますので、そこのところ、現場の先生方、よろしくお願いします。
 
 ちなみに21名分の文章が掲載されたこの冊子にひととおり目を通したとき、唯一、読み流していいと思ったのが正木孝昌さんの文章でした。正木さんに対してもメタメタさんが突っ込みを入れています。↓
http://ameblo.jp/metameta7/entry-11184338137.html

 私も入れろといわれれば入れられるものの(たとえ入れても、結局、メタメタさんと同じ視点になるかも)、時間がもったいないので省略させていただきます(と書いておくことで、かけ算の順序固定に強く反対されるみなさまのストレスが減ることを祈っております)。

 なお、前半のTOPICは1人が4ページとなっていますが、後半は1人2ページで、ざっと計算したところ2300字程度のようで、まとめるのが大変だったかもなぁと勝手に想像しながら読みました。もちろん、実のところどうだったのかはわかりません。

(つづく)

筑波大附属小算数研究部『かけ算を究める』 | permalink
  

サイト内検索