TETRA'S MATH

数学と数学教育
<< 孫引きお詫び | main | 岡潔『春宵十話』を少しだけ >>

吉本隆明が受けた遠山啓の講義

 遠山啓『文化としての数学』の巻末に収められている、吉本隆明「遠山啓 ―― 西日のあたる教場の記憶」(初出『海』/1979年/原題「遠山啓さんのこと」)によると、戦後まもない時期に吉本隆明が受けた遠山啓の講義は、「量子論の数学的基礎」というものだったそうです。その内容は「量子化された物質粒子の挙動を描写するために必要な数学的な背景と概念をはっきり与えようとするもの」だったとのこと。

わたしははじめて集合・群・環・体・イデヤアル・ヒルベルト空間・演算子などの概念に接して、びっくりしていた。そしてむさぼるように講義を聴きつづけた。敗戦にうちのめされた怠惰で虚無的な学生のわたしが、一度も欠かさずに最後まで聴講したたったひとつの講義であった。

 吉本隆明は遠山啓に講義をしてくれと依頼にいった学生ではなく、「そんな殊勝な心がけなどすでにひとかけらも持ちあわせていないどん底の落ちこぼれ」だったそうですが、だからこそこの講義に衝撃をうけたのだともいえる、と書いています。

遠山さんには敗戦の打撃からおきあがれない若い学生たちの荒廃をどこかで支えなければという使命感が秘められていて、その情感と世相への批判が潜熱のように伝わってきた。それを理解することが数学上の概念を理解することと同一であった。


 なお、吉本隆明が数学者としての遠山啓に接したのは、「拡張された因子および因子群」の発表を聴きにいったのが最後だったのだそうです。

 吉本隆明のイメージの中では、晩年の遠山啓は「新たな視点から数学基礎論の建設に向おうとしているようにおもわれた」とのことで、著書『代数的構造』を引きながらその萌芽について語ったあと、次のように書いています。

数学者たちはつぎつぎに<構造>を融解して新たな構造をつくりだしてゆくにちがいない。だがかれらはじぶんたちが何をしているのかを内省し基礎づけることはありえない。ここで内省とか基礎づけとかいうのは、数学者たちがひとりでにやっているフッサールのいわゆる(einklammern)を解除してみせることに該当している。その内省を介して数や図形の集合の意識学ともいうべきものが<構造>の無限の上昇と、事実や自然の世界とを結びなおさなければならない。
 遠山さんのもっていた哲学と文学の素地は、おのずからその方向をさしているようにおもわれた。


 そしてこう続けます。

あの徒労にも似た強靭な数学教育の方式の創設と実行の背後にあって、遠山さんをささえたのは基礎論の研鑽と整序された構想であったろう。
遠山啓 | permalink
  

サイト内検索