TETRA'S MATH

数学と数学教育
<< 25年前の「かけ算の順序」問題/教育実習のノートから | main | 「野矢先生&池田くん」と内部観測 >>

野矢茂樹『無限論の教室』のあとがき

 最近は、図書館に行っても、目的がないときは「数学コーナー」に立ち寄らないようになっていたのですが、先月、借りていた本を返しにいったときに、なんだか気がむいて、久しぶりに数学コーナーをのぞいてみました。で、背表紙を眺めていたら、ふと、野矢茂樹『無限論の教室』(1998年) が目にとまったしだい。「あらまあ、こんなところで野矢茂樹・・・」なんて思ってしまったのですが、とりあえず手にとり、図書館内の椅子に座ってぱらぱらとページをめくったのでした。

 もとより読み込む予定はなく、オープニングや途中の何ページかを、本当にパラパラとめくっただけで、内容はほとんど読まないまま、タジマ先生のキャラに「くくくっ」と心の中で笑いました。なるほどあとがきにあるように、著者はこの本を書くのが楽しくてしかたなかったことと思います。たぶん、書いた本人がいちばん楽しかったんじゃないかしらん!?

 で、あとがきを続けて読んでいたら、野矢茂樹と池田くんという学生の文通めいたやりとりの話が出てきて、それに妙に心を惹かれたのです。そのときは、借りるほどではないかな・・・と思って本棚にもどし、野矢茂樹と池田くんの“「答え」が入れ子になったやりとり”のことだけ頭に入れて帰ってきたのですが、このたびエントリを書くにあたり、図書館から借りてきました。

 そのやりとりとは、次のようなものです。

 本書の内容は、私が大学で一九九六年度と一九九七年度の冬学期に行った講義に基づいている。そして、一部の学生がこの講義をとても楽しんでくれていたことが、励みになっている。とくに、池田くんには感謝したい。池田くんを含む数名の学生は、講義が終わると必ず私に論戦を挑んできた。そして池田くんと私との間には何回かの文通めいたやりとりさえ行われた。彼から長い質問状が手渡され、私が「池田くんに答える」という返事をしたためると、次には「「池田くんに答える」に答える」が提出され、私はさらに「「「池田くんに答える」に答える」に答える」を書く、といった状態だった。本書の中に、彼からの質問がいくつか反映されている。
 この池田くんとのやりとりが妙に頭に残って、うちに帰ってから、ぶわ〜っといろいろなイメージがわきました。そのイメージを、ちょっと書き起こしてみたいと思います。

(つづく)
その他 | permalink
  

サイト内検索