TETRA'S MATH

数学と数学教育
<< 小倉金之助と遠山啓 | main | 考えを対象化する、相対化すること >>

民間教育団体の啓蒙主義的発想(60年代)

『時代は動く!どうする算数・数学教育』
 汐見稔幸/井上正允/小寺隆幸【編】
 (国土社、1999年)
  機/学教育とその理念

   5 「科学主義」「系統主義」の時代背景と
            それが見落としてきたもの
   ―― 数教協の1950年代、1960年代を手がかりに ――
                    (汐見稔幸)

を読んでいますが、「遠山啓の現代化」に対する汐見先生の分析は、別のことを勉強したあとにまたゆっくりと考えることにしました。

 それはそうとして、次の話はなるほどと思いました。

 

当時は,普遍性や真理・真実のほうが個人の選択に対してプライオリティーが与えられていて、真理・真実だから国民(子ども・青年)がそれを学ぶのは当然,という形で,国民は啓蒙される対象とでも言うべく位置づけられていた。国民自身は,教育内容や方法を選ぶ主体として十分には位置づいていなかったわけである。
 当時のこうした発想を,国民はすべからく「正しいこと」や「真理・真実」あるいは「普遍的」なことを学ぶべきである,それが自らを解放していくもっとも正しい方法である,という発想,と言い換えられるであろう。

 
 汐見先生は、「日本生活教育連盟」の川合章が「郷土教育全国協議会」の桑原正男を批判している論稿の次の一文を取り上げています。(桑原氏に対する矢川氏の批判を紹介した後のまとめ)

「矢川氏の意図は,桑原氏の主張が,教育の名において科学の真実を教えることを否定する危険をはらんでいることにたいする警告であった」

 この短い文章の中に、科学が真理や真実とダイレクトに等値されていることと、正しいことを「教える」ことこそが教育の正義だとする発想がにじみ出ている、と汐見先生は分析しておられます。

 なんだか「かけ算の順序」問題が思い出されますね。かけ算の順序にこだわることは、教育的意義の名のもと、数学の真理を曲げることであるのか。(こだわるべきだと言いたいのではありません)

 真理は1つで、それは決まっていることなのだろうか。教師は、もう決まっている「正しいこと」を教えるのが仕事なのだろうか。

 

『時代は動く!どうする算数・数学教育』 | permalink
  

サイト内検索