TETRA'S MATH

数学と数学教育

水道方式にまつわる個人的な思い出

 私の母は数教協会員の中学数学教師であり、父は非数教協会員の高校数学教師でした。また、同居して私の面倒をみてくれていた祖母は、普通の主婦でした。この組み合わせから生じた思い出話を2つ。

 母の影響で、私は子どものころ数教協と関わりの深い生活をしていました。地域のサークル活動にも参加していたし、全国研究大会にも旅行を兼ねて連れていってもらっていました。さすがに分科会は参加していなかったと思いますが、教具展などはきっと楽しんでいたことでしょう。

 母は中学教師なので、わが家にある教具といえばブラックボックスや比例水槽や、あとは大きな天秤などでした。しかし、おそらくタイルもあったのだろうと思います。記憶にはないのですが、母が幼い頃の私に算数を教えていた可能性はかなり高いです。母のもとで何かの勉強をして、それをおばあちゃんに見せて、ほめてもらってうれしい、という風景をうっすらと覚えています。母も祖母も教育熱心でしたが、その熱心さの質は違いました。ちなみに私はおばあちゃん子でした。

 小学校の低学年のときには意味がよくわかっていなかった「すうきょうきょう」も、高学年くらいになると、それがひとつの方法論であり、思想であり、運動であるということもなんとなくわかっていたのではないかと思います。

 さて、そんな家庭環境にいた私は、小学校の低学年の頃のある日、8+7 の計算の過程を意気揚々と声を出しておばあちゃんに伝えました。

「8は5と3、7は5と2だから、5と5で10、3と2で5、あわせて15だよね!」

 それをきいた祖母は驚いて、心配そうに眉をひそめました。

「○○ちゃん、へんな計算をしているよ……」

 私を責めるというより、「なぜそういうことが起きたんだろう?」といういぶかしそうな表情でした。

 私はびっくりしました。ドキっとしました。そして、とても不安になりました。

「私はへんな計算をしているんだ」

 当時なぜ自分がそのような計算方法をとったのかまったくわからず、自分が自分で勝手にへんな計算をあみ出してしまったのだと考えました。それ以来私は、8+7 を(5+5)+(3+2)と計算することを自分に禁じ、(8+2)+5 と計算することを強いました。大人になってからも、8+7 を計算しようとすると、ほんのり微かに一瞬だけ、息苦しいような感覚がありました。

 これが水道方式からきているらしいと気づいたのは、ずっとずっとあとの、たぶん20代か30代前半の頃です(われながら時間がかかったなぁ)。記憶はないけれど、おそらく母から教わったのか、数教協の何かの活動で知ったのだと思います。ちなみに学校でどう教わったのかはまったく覚えていませんが、5のかたまりを採用していたとは考えにくいです。

 という思い出話を、30代前半ぐらいのときに、当時のホームページに書きました。すると後日、それを読んだらしい母から、水道方式の資料が送られてきました。「5のかたまり」の計算を「へんな計算」と称されたことが不愉快だったらしく、勉強しなおせということのようでした。要約すると「数教協のベテランの娘がそんなことでどうする」というような手紙が添えられていました。2度目のびっくり。

 私は、ホームページで書いた自分の文章の拙さを大いに反省すると同時に、またまた大きな発見をしました。ああ、母にとって大きな意味をもつのは、母の知らなかった小学生の頃の娘の心の動きではなく、数教協の方法論なのだ、と今さらのように知ったわけです。

 うちの母はかなり変わった人なので、あの母を数教協の先生の代表にすることは到底できませんが、ひとつの示唆深いエピソードではあると思うのです。また、私は「へんな計算だよ」と言ったおばあちゃんを責める気持ちはまったくありません。1つの計算方法、1つの考え方を相対化するきっかけを私に与えてくれたことに今となっては感謝しています。

 と同時に思うことは、私の中には自覚なく意識なく入り込んでいる、いろいろな考え方や価値観が、まだ相対化されずにたくさん埋まっているということ。たとえ相対化されなくて埋まったままだとしても、「相対化されなくて埋まっている考えが自分の中にある」ことがわかったことは、とてもよかったと思っています。

 もう1つの思い出話はなにかと言いますと。

 父親はサークル活動に熱心な母に不満をもっていたのか(詳細不明)、何かの言いあいで数教協を揶揄するときに、「ガス方式」という言葉を使ったことがあったのです。「今度はガス方式やろ」といったようなノリで。なもんだから、私ってばけっこう大きくなるまで、「ガス方式」というものが本当に存在すると思っていたのです。というのを小ネタにまぜて大学でレポートを書いたこともありました。

水道方式 | permalink
  

| 1/1PAGES |
サイト内検索